保育方針


                                    


 ☆保育目標


 ・身体を動かし、健康でのびのびした子(足)

 ・異年齢との関わりを持ちながら、思いやりを持てる子(耳)

 ・いろいろなことに興味を持ち、自分で考える子(目)

 ・自分の気持ちを伝えながら、相手の話も聞ける子(口)

 ・体験を通して豊かに想像し、表現する子(手)


 ☆保育方針

 ・集団生活を通して、心と体をつくる。
  「外遊び」「薄着」「食事」を通して心と体を育てる。
  リズム空手・マラソンを毎日の朝の活動とし、空腹感を感じられるような生活リズムをつくる。
 
 ・さまざまな体験を通して、人と関わる力をつくる

 
「異年齢交流保育」
  
日々の生活で関わり合いを持ちながら、遊ぶことを育てる中で、人としての思いやりの心を育
  む。
  また、コーナー遊びや興味のあることを通して関わりをもつ

 
 「異文化交流」
  
行事への参加や食を通して、異文化に親しみを持てる場をつくる。

  「地域交流」
  小さい頃からさまざまな人達との関わりの中で育つことが、子どもたちにとって人格形成するう
  えで大切になります。
  行事や日々の生活の中での関わりをもつ。(赤ちゃん・障害者・中学生・高校生・お年寄りの人
  達・地域の人達)


 
 「お年寄りとの交流」
  
地域のお年寄りや民生委員の方、老人ホームとの交流を積極的にもつ。

 ・生活リズムを整え、集団生活と家庭との連携を深める
  「園行事の参加」「保護者との信頼感」を大切にする
  年間行事の保護者参加を呼び掛け、子どもの成長を保育園とともに喜び合う。
  毎日の保護者との関わりを大切にし、職員全員が保護者の理解を深めながら家庭との連携を大切
  にする。








HOME